弁護士が解決!交通事故体験談

弁護士に相談して解決した交通事故

交通事故の補償と弁護士への依頼

誰しも、交通事故という出来事の当事者にはなりたく無い訳ですけれども、不慮の出来事ですからいくら気を付けていたとしても、加害者という立場であれ被害者という立場であれ、遭遇する確率はゼロではありませんので、起きてしまった出来事に対処し、リカバリーする為の備えとしまして、自動車保険というシステムがあります。自動車保険に加入する事により、当事者間に生じた肉体的精神的損害や、物損などの補償を損害保険会社が行う事になりますが、損害保険会社は営利企業ですので、なるべく補償に関する金額を抑えようとする傾向があり、本来受ける事ができる補償額に達しないケースが殆どです。そういった状況に対し、弁護士に依頼し法的根拠により損害保険会社との交渉を行ってもらう事により、補償額が大幅に増額になるという事を、知らない方は少なくありません。

交通事故で最も多くの補償が受けられる弁護士会基準

自動車の運転を行う場合の心構えとしまして、まず運転そのものに十分に注意するという事と、万が一の交通事故に備えておくという事が、非常に重要なポイントとなってきますが、万が一の為の備えとして自動車の任意保険への加入という方法が、ポピュラーでもっとも安心できる方法であると言って、良いでしょう。その中に於きまして、実際に事故の当事者となってしまった場合に、補償される金額と言います部分は、誰しも気になるところな訳ですけれども、意外に多くの方が知らないのが補償査定の基準がいくつか存在するという事です。自賠責法による基準とそれに基づいた、保険会社独自の社内基準、訴訟による判例に基づいた日弁連の弁護士基準の三つに分類され、最も多くの補償が受けられる選択肢となりますのは、訴訟による判例に基づいた基準となっています。

弁護士依頼で正当な交通事故の補償を

言うまでもありませんが、損害保険会社と言いますものは営利企業です。交通事故に巻き込まれた際に、ありがたみを痛感する自動車の任意保険という分野に於きましても、「保険商品」である以上補償に関する部分にも、営利という価値観が発生する事は当然と言えば当然の事です。しかしながら、生じた損害に関する損害賠償の補償額は、同様の損害であれば同等の金額であるべき事が、本来の姿だと考えられますが、実際にはそうではなく、訴訟により過去の判例から導き出した補償額と、損害保険会社の提示額には、大きな隔たりがあるのが実情となっています。このような状況が明らかな場合には、弁護士に依頼して損害保険会社と訴訟を起こす事により、本来受ける事ができる補償を勝ち取るという方法をとるべきであると言えるでしょう。何故なら、これは正当な権利だからです。

保険会社は提示額を低く見積もっている場合が多い為、解決時の賠償金が増加することがあります。 交通事故被害者の後遺障害等級申請サポートあり、交通事故事案の示談交渉、賠償請求、訴訟を行います。 中村・橋本法律事務所のサイトでは交通事故にあってしまった時に必要な知識をご紹介しています。 当事務所では、交通事故に遭われた被害者の皆様のために、適切・妥当な紛争解決へのお手伝いをいたします。 弁護士が必要な交通事故の場合

Written by admin

11月 30th, 2015 at 3:04 pm

Posted in